nanoblockアンバサダージオラマ作品

先日、nanoblockAWARDエキシビションにいってきました!
数回に渡ってエキシビション当日のことを振り返りたいと思います。

と、その前に、今回はnanoblockアンバサダーのジオラマ作品紹介から。

 

150421-1

今回出した作品はこちら。
「警視庁2020」

 

150421-2

タイトル通り、警視庁舎をモチーフにしてます。

 

150421-3裏にはパトカーが並んでます。

 

150421-11

道路も作ったんだけど、ジオラマの土台で道路は用意されてた。

と、すでにお気づきでしょうが、警視庁舎前になんかいる…。 

 

150421-4
しかも2体。

 

150421-5

 パト○イバー的ななにか。

 

150421-6

パトレイ○ー的ななにか。その2。

テーマは2020年なので、あと5年。
すごい未来でもないし、でも現実的すぎるのもおもしろくないし、ということで悩んでたらこうなりました。
警察ロボって、現実味なさそうでありそうでなさそうじゃん。
その未来感と現実感の曖昧さがちょうどいいかな〜と。

 

150421-7 ちなみにホントは頭部も作ってました。

 

150421-10

取り付け場所を変えることでフェイスダウン。
パ○レイバー(笑)。

 

150421-9

 こちらは零式風

 

完成形でフェイス部分を無くしたのは、先日カワダさんにエキシビションの作品を持ち込みに行ったときに

カワダ社員さん「海外とかの模倣品に対しても手を打っていこうと思うんです!
僕「おー、それはいいことですね」
カワダ社員さん「それと同時に国内の版権にももっと気を付けないといけないんですけどね」
僕『やばい、パトレイバー風なの造っちゃった(汗)』

まあ個人で造る分には問題ないんですが、エキシビションはカワダさん主催で販売促進の面もあるので、そこで版権モノはまずいかな〜と思ってビビって頭外しました(笑)。

 

150421-8ちなみに肩、肘、腰は可動式。

nanoblockで可動式のメカというとnomuzoさんやあっきーさんが大御所なんですが、なるべくお二人の造りに似ないように気をつけたりしました。
その上で出来るだけ小さくなるように造ってみました。
でかいとビルとのバランスがおかしいので。つーかこのサイズでもおかしいけど。

もともとメカ好きなんですが、nanoblockで人型ロボット造ったのは初めて、かつ時間もあんまりなく突貫だったので、今度一体ちゃんとしたの造ってみようかな〜とか思ってます。

 というこころで本日はここまで。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »

シェアする





関連記事

コメント

“nanoblockアンバサダージオラマ作品” への2件のフィードバック

  1. shinnanomura より:

    ナノブロック村のShinNanomuraです。
    わたしもガ○ダム作ったんですが
    ビビッて作品の中に隠しました。

  2. くろねこ より:

    ShinNanomuraさん>日曜日はありがとうございました。
    せっかく造ったのが版権アウトで飾れなかったら悲しいですもんね。

コメントを残す